議員全員協議会
六ヶ所再処理工場におけるウラン試験
に関する青森県議会議員全員協議会
日時:平成16年8月25日
場所:西棟8階大会議室
1.開 会  
 

・報告(知事)
・出席者紹介
・報告(経済産業省資源エネルギー庁、内閣府、原子力安全・保安院)

2.質 疑  
  (1)自由民主党  滝沢   求 議員

質疑 新政会 中村 友信議員
    中谷 純逸 議員
    高橋 弘一 議員
  (2)新政会 中村 友信 議員
    斗賀 寿一 議員
  (3)公明・健政会 間山 隆彦 議員
  (4)社民・農県民連合 渡辺 英彦 議員
  (5)真政クラブ 山谷 清文 議員
  (6)日本共産党 諏訪 益一 議員
  (7)無所属 鹿内   博 議員
3.閉 会  
平成16年8月25日
青森県議会議員全員協議会知事報告要旨
 本日、県議会議員全員協議会の開催をお願いいたしましたのは、日本原燃株式会社六ヶ所再処理工場のウラン試験や同試験に係る安全協定書の素案等について改めて御意見をお伺いするためであります。
  今後ウラン試験が計画されている六ケ所再処理工場については、去る六月十日に日本原燃株式会社から、県からの要請事項について、常設の第三者外部監査機関としてロイド・レジスター・ジャパンと定期監査契約を締結したことやウラン試験時に発生が予想されるトラブル等とその対応についてとりまとめたことなどの報告がありました。六ヶ所再処理工場のトラブル対応については、六月十六日の「総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会核燃料サイクル安全小委員会 再処理ワーキンググループ」において審議がなされ、六月二十一日の「六ヶ所再処理施設総点検に関する検討会」及び六月二十二日の「核燃料サイクル安全小委員会」に報告されたところであります。
  このような状況を踏まえ、六月二十三日に開催した県議会議員説明会において、国、県、事業者から議員の皆様方に、
一 ウラン試験の概要と試験時に発生が予想されるトラブルなどへの対応について
一 再処理施設品質保証体制の改善策などの実施状況について
一 六ヶ所再処理施設総点検に関する検討会の検討状況等について
一 ウラン試験に係る安全協定書の素案について
御説明し、七月十二日に開催した県議会議員全員協議会において、国及び電気事業連合会から核燃料サイクルの経済性試算の件について報告した上で、御意見をお伺いしたところです。
  その後、県としては、七月十三日に同一案件につき市町村長及び青森県原子力政策懇話会からも御意見を伺うとともに、ウラン試験の概要や安全協定書の素案等について広く県民にお知らせするために、七月二十六日から二十八日にかけて、県内六地区で県主催の説明会を開催するなど手順を踏んできたところであります。
  なお、八月五日には、経済産業省資源エネルギー庁安達電力・ガス事業部長から、核燃料サイクルに係る過去のコスト試算の調査結果について報告がありました。県としては、原子力政策については、情報公開の徹底等により透明性を高め、国民の理解のもとに進められるよう強く要請したところです。
  また、この場をお借りして、関西電力株式会社美浜発電所三号機の蒸気漏れ事故について報告いたします。
  去る八月九日、福井県の関西電力株式会社美浜発電所三号機のタービン建屋で蒸気漏れが発生し、作業員四名が死亡し、七名が負傷する事故がありました。お亡くなりになった方々に、心より哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に、衷心よりお見舞い申し上げます。
  県としては、直ちに現地に職員を派遣するなど、情報収集に努めて来ているところでありますが、国に対しては、徹底した原因究明と再発防止対策に万全を期すことを要請するとともに、東通原子力発電所の事業者である東北電力株式会社に対し、万全の対応をとるよう要請したところです。
  本日は、日本原燃株式会社六ヶ所再処理工場のウラン試験や同試験に係る安全協定書の素案等について、慎重を期し、議員各位の御意見を改めてお伺いすべく、県議会議員全員協議会を開催していただいたところでありますので、何とぞよろしくお願いいたします。
  以上、御報告といたします。
Copyright(C) tomonobu nakamura, All rights reserved.