民主党
平成15年8月1日
水稲の生育状況を現地調査
 今夏の低温の影響で幼穂の伸張が遅れている現状を把握するため、十和田市晴山地区・藤坂地区のほ場を視察してまいりました。
協力                 
十和田地域農業改良普及センター
所長 長谷川 晃 氏
水稲の生育状況及び今後の対策について
1.十和田市晴山(米田一典氏ほ場)
 7月15日現在の生育は、草丈はやや短く、茎数(けいすう)は前年並〜やや少なく、葉数は前年並であったが、低温の影響で幼穂の伸張が遅れているため、7月29日現在の幼穂長からみると、むつほまれの出穂期は平年より5日遅れの8月11日頃と予想される。
品 種
栽植
株数
本/u
年次
7月15日
穂首
分化期
月/日
幼穂
形成期
月/日
7/29
現在の
幼穂長
出穂期
月/日
草丈
cm
茎数
本/株
茎数
本/u
葉数
ゆめあかり
24.2
本年
51.9
21.1
511
10.5
6/30
7/12
10.4cm
(8/9)
前年
52.0
20.4
475
10.3
7/6
7/14
-
8/6
むつほまれ
本年
54.8
19.9
482
10.4
7/2
7/14
6.3cm
(8/11)
平年
55.5
20.4
514
10.6
7/5
7/14
-
8/6
前年
58.2
24.3
566
10.3
7/6
7/15
-
8/7
つがるロマン
本年
51.8
18.5
448
11.0
7/6
7/19
1.1cm
(8/16)
前年
56.4
21.1
492
11.1
7/8
7/17
-
8/8

2.十和田市藤坂(附田常雄氏ほ場)
 7月15日現在の生育は、草丈は前年よりやや長く、茎数(けいすう)は前年並、葉数はやや少なめであったが、幼穂の伸張が遅れているため、ゆめあかりの出穂期は前年3日遅い8月9日、むつほまれは前年より4日遅い8月11日頃と予想される。

品 種
栽植
株数
本/u
年次
7月15日
穂首
分化期
月/日
幼穂
形成期
月/日
7/29
現在の
幼穂長
出穂期
月/日
草丈
cm
茎数
本/株
茎数
本/u
葉数
ゆめあかり
22.9
本年
58.4
17.9
410
10.2
7/1
7/11
10.6cm
(8/9)
前年
53.2
18.3
448
10.3
7/6
7/14
-
8/6
むつほまれ
本年
59.1
14.7
337
9.8
7/2
7/14
6.0cm
(8/11)
前年
57.1
19.8
485
9.9
7/7
7/15
-
8/7
つがるロマン
本年
55.6
17.1
392
10.2
7/7
7/20
1.0cm
(8/16)
前年
51.0
15.4
377
10.5
7/9
7/18
-
8/9
3.十和田市内の生育状況
低温の影響で生育は遅れており、出穂期は平年より4〜5日程度遅れる見込みで、ゆめあかりは8月9日〜13日頃、むつほまれは8月11日〜15日頃、つがるロマンは8月15日〜17日頃になると予測される。
市内各地で、葉いもち病の発生が確認されている。今後の気温上昇により、葉いもち発生拡大が懸念される。
4.今後の技術対策
1.
7月下旬頃から穂ばらみ期に達しているが、この時期は最も低温に弱いもので、平均気温20℃以下、最低気温17℃以下程度と予想される場合は、開花が終了するまで10cmの深水管理を徹底し、幼穂の保温に努める。
2.
出穂開花期に最高気温25℃以下程度と予測される場合は、開花が終了するまで10cmの深水管理を徹底する。
3.
葉いもちの防除の徹底と、出穂直前及び穂揃期の穂いもち予防防除を実施する。
4.
前年稲こうじ病の発生がみられたほ場では、出穂10〜20日前に防除する。
5.
斑点米カメムシ類の防除は穂揃期に行い、発生が多い場合はその7〜10日後に2回目の防除を行う。

Copyright(C) tomonobu nakamura, All rights reserved.